【大阪】おすすめの太陽光発電販売・施工業者ランキング!実績豊富・サービス対応も評判の業者を比較!

太陽光発電の契約書のチェックポイント

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/03/03

大阪府で太陽光発電設備の導入を検討している場合は、土地の売買や地上権設定、工事請負に関する契約書の確認が重要になります。土地の売主と施工会社が同一の場合もありますが、トラブルを避けるためには契約書の内容を確認しなければなりません。契約書の内容を効率的に確認するには、あらかじめチェックポイントをおさえておくとよいでしょう。

大阪府で太陽光発電設備を導入する際の注意点とは

大阪府でも太陽光発電設備を導入するケースが増えていますが、トラブルを避けるには契約書の細かい内容を確認することが大切です。具体的な確認内容はそれほど多くなく、多い場合でも20~30条ほどが一般的とされています。確認内容が少なくても、日頃から法律関係の文書に接する機会が少ない場合は、どこを見たらよいのかわからず混乱することがあるでしょう。

大阪府内には太陽光発電設備を専門的に扱う会社が多数存在しますが、とくに初めて取引を行う場合には契約書の確認が必須です。法律関係の書類の見方がわからない場合は、大阪府内で不動産関係の案件を専門とする弁護士などに相談するとよいでしょう。専門家である弁護士などに代わって書類を確認してもらえば、重要な事項を見逃す心配がありません。

契約書はトラブルが発生した場合に交渉を行う上で重要な存在であり、訴訟になった際には裁判所の判断にも大きな影響を及ぼします。大阪府内の信頼できる会社を選べば基本的にトラブルになることは少ないと考えられますが、万が一の事態に備えて契約書の内容をしっかり確認することが大切です。

太陽光発電設備を導入する際は、契約書の内容に相手方に有利で自分に不利な条項が入っていないかどうか注意してください。とくに、契約を解除して白紙に戻すための条件や、トラブルが発生した場合の責任の所在、融資特約などについては必ず確認する必要があります。

契約書の内容をしっかり確認しましょう

大阪府で太陽光発電設備を導入する人は、契約書の詳細な内容をしっかり確認することが大切です。契約を白紙に戻す必要がある場合に解除するための条件や、当事者双方に過失がなく履行不能になった場合の責任の所在などが重要になります。民法536条1項によると、天災など当事者双方の責めに帰できない事由による履行不能が起きた場合、債権者に履行拒絶権が認められるようです。

一方、民法536条2項によると債権者に過失がある場合、債務者は反対給付の履行を請求できます。危険負担は任意規定なので特約も可能ですが、当事者間に合意がない場合には、民法の規定に従うことになります。万が一の事態が発生した場合に備えて、危険負担に関する契約書の規定は必ず確認してください

契約を解除したい場合に、どのような条件があるのか、違約金が発生するのかどうかもあらかじめ確認が必要です。契約の解除が可能でも、高額な違約金が発生してしまうと、実質的に契約の解除ができない場合もあります。しかし、融資特約があると、金融機関から融資の一部や全部について承認が得られなかった場合に契約が解除されるのです。支払い済みの代金などは売主から買主に無利息で返還されることになります。太陽光発電設備の導入に際してトラブルが発生するケースは稀ですが、解除の条件や融資特約についてもしっかり確認しておけば安心です。

より有利な条件で契約を締結するには

太陽光発電設備の導入に関する契約書を確認して、内容を変更してもらいたいと思う場合もあるでしょう。相手方が提示する契約書を変更できないものと考えている人も多く見られますが、実際には変更請求が可能です。不動産や太陽光発電設備に関する取引において、契約内容を変更する必要がある場合には、遠慮せずにこちらに有利な条件を提示してください

ただし、相手方にとって著しく不利となる場合は変更が認められないこともあるので、弁護士などの専門家と相談しながら手続きを進めるとよいでしょう。自分だけでなく相手方にとっても問題ない条件で契約を締結するのが理想的です。

トラブルが発生した場合に訴訟を管轄する裁判所を、当事者の合意によってあらかじめ決めておくケースが多く見られます。当事者の合意による裁判管轄は一般的に合意管轄と呼ばれており、施工会社の所在地の地方裁判所が選ばれることがあるのです。施工会社の所在地の地方裁判所を選ぶと、こちらが原告・被告のいずれになる場合も、相手方の所在地まで行かなければなりません。

被告の所在地の地方裁判所を管轄にすれば、こちらが被告になる場合には相手方の所在地まで行かなくても問題ありません。大阪府で太陽光発電設備を導入したいのであれば、なるべく有利な条件で契約を締結できるよう交渉する必要があります。相手方が不利な条項を提示してきても変更請求が可能なので、積極的に交渉することが大切です。

 

大阪府内で太陽光発電設備を導入する際には、さまざまな契約書の内容確認が重要になります。とくに重要な解除の条件や危険負担、融資特約などについては必ず確認してください。契約にあたって不安を感じる場合には、弁護士など専門家に相談するとよいでしょう。こちらに不利な条項がある場合には変更請求ができるので積極的に交渉することが大切です。

【大阪】太陽光発電販売・施工業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくショップエコ発電本舗太陽光発電
最安値発掘隊
エコ突撃隊エコの輪
特徴オールメーカー取り扱いで、豊富な実績をもとに家庭ごとに最適なプランを提案構内メーカーの仕入れに力を入れており、実店舗を持たないことで低コストを実現商品を大量に仕入れることでコストを大幅に削減、最安値で提供豊富な実績と経験から満足のいく施工を実施売電に特化した土地付き太陽光発電の提案が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧