【大阪】おすすめの太陽光発電販売・施工業者ランキング!実績豊富・サービス対応も評判の業者を比較!

太陽光発電を導入するならメンテナンスなどのランニングコストを考える

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/03

太陽光発電設備は、光エネルギーを受け取って電池が発電した直流の電力を、パワーコンディショナーを使って交流に変換します。変換された電力はさまざまな電気製品に供給されるだけでなく、消費電力を上回った分を電力会社に買い取ってもらうことも可能です。大阪府内で太陽光発電設備を導入するには、メンテナンスなどのランニングコストを考えましょう。

大阪府内で太陽光発電を行うためのランニングコストについて

大阪府内でも太陽光発電設備を導入するケースが増えていますが、効果的に運用するにはランニングコストについて考える必要があります。太陽光発電設備のランニングコストには、定期的にかかるメンテナンス代などの他にも、非定期で発生する修理・交換費用があるのです。

大阪府内には太陽光発電設備を専門的に扱う業者が数多く存在しますが、各社が提示する費用やサービス内容などを比較検討して選ぶことが重要です。自家消費型の大型発電設備を維持するための定期的な費用としては、メンテナンス代やパワーコンディショナーに使う電気代の他に、各種税金を挙げられます。太陽光発電設備は20~30年という長期間にわたって使うことを前提としているのです。発電効率を維持し続けるためには点検や清掃が不可欠であり、定期的に費用が発生します。

パワーコンディショナーは、直流で発電された電力を交流に変換し、出力を安定させる役割を担っているようです。基本的にパワーコンディショナーに使う電力は太陽光発電によって賄えます。消費される電力量もそれほど多くはありませんが、作動させるために一定の費用が発生するので注意が必要です。企業が太陽光発電設備を導入した場合には、償却資産に該当するため1.4%の税率で固定資産税が発生します。また自家消費型の発電でも、売電を行った場合には所得税の支払いが必要になることがあるので注意してください。

非定期で発生するランニングコストについて

大阪府内で太陽光発電設備を導入したい場合は、定期的に発生する費用だけでなく非定期の費用についても検討が必要です。非定期で発生するランニングコストには、設備の修理・交換費用、設備の廃棄費用などがあります。

ソーラーパネルについては、耐久性が高くメンテナンスフリーとアピールされるものもありますが、屋外に設置するためトラブルが発生する可能性も存在するのです。そのため、一定期間の経過後に修理・交換が必要になることを、あらかじめ想定しておく必要があります。

ソーラーパネルは常に屋外にあるので風雨や雪にさらされており、埃や動物の糞などが付着するものです。長年にわたって汚れやごみが付着すると出力が低下してしまうので、清掃やメンテナンスの費用をあらかじめ考慮しておくことが大切でしょう。パワーコンディショナーの耐用年数は一般的に10年ほどとされており、長期的に設備を使い続けていると先に寿命を迎えます。大阪府で太陽光発電設備を導入するための予算を組む場合には、10~15年ほどで交換することを想定しておくとよいでしょう。

自家発電型の太陽光発電で売電を行う場合には、売電期間の終了後に設備を廃棄するための費用を積み立てる必要があります。ソーラーパネルにはリサイクルできるガラスやアルミニウムが使われており、鉛やセレンなど有害物質を含むものもあるようです。廃棄費用の積み立ては、企業が社会的な責任を果たしつつ事業活動を行う上で重要だといわれています。

太陽光発電のランニングコストをおさえるには

大阪府内でランニングコストをおさえながら太陽光発電を行いたいのであれば、定期点検が無料の業者を選ぶとよいでしょう。ただし、大阪府内ではさまざまな業者が太陽光発電設備を扱っており、定期点検の料金だけでなくサービス内容などを比較検討して選ぶことが大切です。設備の扱いに慣れていない業者を選んだ場合には、設置時に屋根が傷ついて雨漏りの原因になることもあります。定期点検が無料の業者を選べばランニングコストをおさえられますが、長期的な視点に立って信頼できる業者を選ぶことが重要でしょう。

住宅以外での太陽光発電を検討している場合には、新たに土地を取得しなければならないことがあります。野立ての設備を設置するのであれば、フェンスや看板なども必要になるため、住宅に設置する場合と比べて費用が高額です。地価の安い土地を取得すれば総合的なランニングコストをおさえられますが、利便性についても考慮する必要があります。自宅から自動車に乗って気軽に通える土地であれば、利便性がよく安い価格で取得できるでしょう。

最初から設備が設置されている土地や中古の設備を購入すると、新品を購入する場合よりも初期費用が安くなります。しかし、中古の設備は経年劣化によって発電量が減少している可能性があり、修理に余計な費用がかかってしまうことがあるため注意が必要です。また電力会社に売電を行う場合の固定価格で買い取ってもらえる期間も、新品と比べて短くなるので注意してください。

 

大阪府内で太陽光発電設備の導入を検討しているのであれば、さまざまなランニングコストについて考慮する必要があります。ランニングコストにはメンテナンス代など定期的に発生するものと、設備の修理・交換費用など非定期で発生するものが存在するのです。定期点検が無料の業者を選んだり安くて利便性の高い土地を取得したりすれば、総合的なランニングコストをおさえられます。

【大阪】太陽光発電販売・施工業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくショップエコ発電本舗太陽光発電
最安値発掘隊
エコ突撃隊エコの輪
特徴オールメーカー取り扱いで、豊富な実績をもとに家庭ごとに最適なプランを提案構内メーカーの仕入れに力を入れており、実店舗を持たないことで低コストを実現商品を大量に仕入れることでコストを大幅に削減、最安値で提供豊富な実績と経験から満足のいく施工を実施売電に特化した土地付き太陽光発電の提案が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧