【大阪】おすすめの太陽光発電販売・施工業者ランキング!実績豊富・サービス対応も評判の業者を比較!

太陽光発電の設置タイミングごとのメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/04/04


電気代が安くなるだけでなく、CO2削減にも貢献できる太陽光発電ですが、導入するための費用は高額です。できるだけ、負担なく導入できれば受ける効果も大きくなってきます。では、太陽光発電を設置するタイミングはいつがベストなのでしょうか。今回は、太陽光発電を設置するタイミングと、それぞれのメリット・デメリットを解説しましょう。

新築時に太陽光発電を導入するメリット

太陽光発電システムを導入するなら、新築時に導入するのがもっともメリットがあります。その理由は、住宅の一部として太陽光発電システムを設置できるので、住宅ローンとして支払うことが可能となるからです。

高額な設備費も住宅ローンに取り込める

マイホームの新築時には高額な費用を、住宅ローンを組んで支払う方がほとんどです。そして、太陽光発電システムを住宅の一部として設置してしまえば、太陽光発電の導入費も住宅ローンとして支払うことができるので、支払いはとても楽になります。このことは、太陽光発電システムを導入する際の、もっとも大きなメリットといえるでしょう。

発電効率を考慮した設計ができる

太陽光発電システムは、ソーラーパネルの向きがとても重要となります。既存の屋根に設置する場合だと、屋根の方向や傾斜、大きさなどが既に決まっているので、これに合わせたパネルの設置となってしまいます。一方で、新築の場合は太陽光発電システムの効率に合わせて、屋根部を設計できるので、性能を最大限活かした設置が可能です。このことも、効率のよい太陽光発電を行うためのメリットとしては大きいです。

不要な経費を抑えられる

家を建てる際にソーラーパネルを設置するので、工事費は一度で済みます。さらに、不要な材料費を抑えることも可能です。たとえば、もっとも効率のよい向きの面の屋根を、すべてソーラーパネルにしてしまえば、その面の瓦など屋根材が不要となります。既存の場合は、瓦の上にソーラーパネルを置くようになるので、パネル部の瓦が無駄になってしまいます。新築時に太陽光発電を設置するなら、屋根部の材料を節約することも可能です。

新築時に太陽光発電を導入するデメリット

今度は新築時に太陽光発電を設置する、デメリットを考えてみましょう。大きく3つのデメリットが考えられます。

住宅設計に時間がかかる

太陽光発電を効率よく稼働させるための、屋根の向き・大きさ・傾斜などを考慮して屋根部を設計する必要があります。屋根の形が決まらないと、住宅全体の設計に入れません。太陽光発電に詳しい住宅メーカーや工務店ならよいのですが、そうでない場合だと専門業者との打ち合わせも必要となり、通常の住宅設計よりも時間がかかってしまいます。

専門業者と住宅メーカーとの折り合いがつかない

先にも少し触れましたが、住宅を新築する際のメインは住宅メーカーや工務店となります。そこに太陽光発電を設置するための、専門業者が加わるようです。住宅メーカーや工務店と提携していればよいですが、そうでない場合は施工時に連携がとれないなど不具合が生じます。また、費用についての折衝も必要となり、折り合いがつかないケースも考えられます。

ソーラーパネルのメーカーが決まってしまう

最近では、住宅メーカーや工務店でもお抱えの太陽光発電の専門業者を用意しているようです。ただ、業者によって取り扱うソーラーパネルのメーカーが、決まっているケースが多いです。そのため、施主の好みに合わせたメーカーのソーラーパネルを、取り寄せることができないケースが多くあります。

太陽光発電を後付けするメリット

それでは今度は、太陽光発電を既存の住宅に後付けする際の、メリットを解説しましょう。

固定資産税がかからない

太陽光発電を既存の住宅に後付けする場合は、ソーラーパネルは固定資産税の対象外となります。新築の場合は、屋根としてソーラーパネルを設置するケースが多いので、ソーラーパネルは固定されることとなり、家の一部と化します。この場合だと、ソーラーパネルは固定資産税の対象となってしまうようです。

一方で、後付けの場合は取り外しが可能な架台に設置されるので、家の一部とはなりません。よって、後付けのソーラーパネルには、固定資産税はかからないこととなります。

好きな業者を選ぶことができる

新築時と違って既存の住宅に太陽光発電を後付けする際は、設置業者に縛られることはありません。自分で自由に業者を選定して、見積もりをとって、好きなメーカーのソーラーパネルを設置することも可能です。

太陽光発電を後付けするデメリット

ここでは太陽光発電を既存の住宅に後付けする際の、デメリットについて解説します。

費用がかかるので2重ローンとなる可能性が高い

住宅ローンを支払っている途中で、太陽光発電を設置するとなれば、100万円以上の出費が発生します。高額な費用が必要となるので、住宅ローンと太陽光発電のローンの二重ローンになる可能性もあるようです。

既存の屋根を補強する必要がある

屋根に設置するソーラーパネルは、重量があります。そのため、その重量に耐えうる屋根でなければいけません。設置しようとする屋根の強度が弱い場合は、まず屋根の補強工事を行う必要があります。そうなると、太陽光発電の費用以外に屋根の補強工事費も必要となって、大きな出費をともなう可能性があります。

 

太陽光発電を設置するには、新築時に設置するのがベストなタイミングでしょう。スピーディーな建築を目指すなら、太陽光発電の設置に慣れている住宅メーカーや工務店を選ぶようにしましょう。ソーラーパネルを設置する屋根部の設計もスピーディーとなります。太陽光発電に関わる費用は高額となるので、色んなハウスメーカーや工務店と相談して設置することをおすすめします。また、既存の住宅に太陽光発電を設置する際には、色んな専門業者を比較して選ぶようにしましょう。

【大阪】太陽光発電販売・施工業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくショップエコ発電本舗太陽光発電
最安値発掘隊
エコ突撃隊エコの輪
特徴オールメーカー取り扱いで、豊富な実績をもとに家庭ごとに最適なプランを提案構内メーカーの仕入れに力を入れており、実店舗を持たないことで低コストを実現商品を大量に仕入れることでコストを大幅に削減、最安値で提供豊富な実績と経験から満足のいく施工を実施売電に特化した土地付き太陽光発電の提案が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧