【大阪】おすすめの太陽光発電販売・施工業者一覧!実績豊富・サービス対応も評判の業者を比較!

家庭用太陽光発電パネルの普及はいつから?歴史と進歩を解説!

公開日:2024/03/15  最終更新日:2023/11/02

ソーラーパネル

家庭用太陽光発電パネルが普及している背後には、長い歴史と進化があります。この記事では、その歴史と進化、そして現在の普及状況について解説します。過去から未来へ、太陽光発電の魅力に迫りながら、その進化にどのように影響を受けたのか、そして日々の生活にどのような恩恵をもたらしているのかを探求していきます。

家庭用太陽光発電パネルの普及はいつから

日本での家庭用太陽光発電の普及が本格化したのは、2009年に導入された余剰電力買取制度が大きな要因です。この制度では、家庭で発電した余剰の電力を電力会社が買い取る仕組みが整備されました。初期費用が高かった太陽光パネルの設置費用に対して、売電収入が見込めることから、多くの家庭で導入が増えました。

2011年の東日本大震災と原発事故

2011年の東日本大震災と原発事故が発生した際、再生可能エネルギーへの関心が高まり、太陽光発電への注目が一層増しました。太陽光発電は停電時にも電力を供給でき、非常用の電源としての利用価値が高まったことが普及を後押ししました。

技術の進歩によりコストが低下

その後、技術の進歩により太陽光発電システムのコストが下がり、導入しやすくなりました。また、補助金や助成金などが設けられ、さまざまな支援策が提供されています。これにより、多くの家庭が持続可能なエネルギーへの転換を進めています。

家庭用太陽光発電パネルは急速に普及

2005年には、日本全体で太陽光発電の設備容量は約600メガワット(MW)でしたが、2019年には約60,000 MWに急増しました。この10年間で、約100倍もの増加を記録しました。この急激な伸びは、普及が加速していることを示しています。

家庭用太陽光発電パネルの歴史

家庭用太陽光発電パネルは、現代のエネルギー状況において重要な役割を果たしています。その歴史は、環境への配慮やエネルギーの自給自足を求める人々の意識の高まりと共に発展してきました。以下に、家庭用太陽光発電パネルの歴史を追ってみましょう。

19世紀の太陽電池発明

太陽光発電の歴史は、19世紀にさかのぼります。1839年にフランスの物理学者アレクサンドル・エドモン・ベクレルが「光起電力効果」と呼ばれる現象を発見しました。これは、光が金属に当たると電流が発生するというもので、太陽光発電の基礎となる理論が初めて確立されました。

1950年代からの実用化

太陽光発電の実用化は、1950年代に始まりました。ベル研究所の研究者たちが、シリコンを使用した太陽電池を開発したことで、太陽光エネルギーを電力に変換する技術が進歩し、太陽光パネルの実用化に道を開きました。

1970年代の初期普及

太陽光発電の初期の普及は、1970年代に始まりました。オイルショックによるエネルギー危機が背景にあり、多くの国で太陽光発電の研究と開発が進行しました。しかし、当時は高価で効率が低い太陽光パネルが一般家庭に普及するには至りませんでした。

2000年代以降の急速な成長

太陽光パネルの価格が下がり、効率が向上したことから、2000年代以降、急速な普及が始まりました。特にドイツ、スペイン、日本などで政府が再生可能エネルギーへの支援策を導入したことが大きな要因となりました。

災害時の非常用電源としての役割

太陽光発電パネルは、災害時の非常用電源としても注目されています。停電が発生した際に、太陽光パネルからの電力供給でライトや通信機器を稼働させることが可能です。この役割が、地域社会の防災対策にも貢献しています。

家庭用太陽光発電パネルの現在の普及率と将来性

日本における家庭用太陽光発電パネルの普及率は、年々増加の一途をたどっています。環境への意識の高まりや、再生可能エネルギーの重要性が広く認識されるなかで、多くの家庭が太陽光発電を導入しています。

具体的な数字は年々変動しますが、2021年時点では日本全体で300万戸以上の家庭が太陽光発電を導入しており、その数は増加の一途です。将来的には、家庭用太陽光発電パネルの普及はさらに拡大すると予測されています。その理由は以下のような要因によるものです。

技術の進化

太陽光発電パネルの技術は日々進化しており、効率の向上やコストの削減が期待されています。これにより、導入コストの低減や発電効率の向上が見込まれ、ますます多くの家庭にとって魅力的な選択肢となるでしょう。

環境への配慮

環境問題への意識が高まり、持続可能なエネルギー源への需要が増加しています。太陽光発電は再生可能でクリーンなエネルギーを供給し、環境への負荷を軽減するため、今後ますます多くの人々が選ぶでしょう。

グリーンエネルギー政策

多くの国や地域で、再生可能エネルギーの普及を促進する政策が展開されています。これにより、家庭用太陽光発電の導入を支援する補助金や売電制度が提供され、導入のハードルが低下しています。

非常用電源としての役割

自然災害や停電時には、太陽光発電パネルが非常用電源として機能し、生活を支える重要な役割を果たします。この安心感が、導入の動機となるでしょう。

まとめ

家庭用太陽光発電パネルは、長い歴史を経て日本全体で急速に普及しています。歴史を振り返ると、1970年代のオイルショック後に初めて注目され、1990年代に商業ベースで導入が始まりました。その後、技術革新や政府の支援により、2000年代には急成長しました。現在は300万戸以上の家庭で利用され、今後も技術の進化や環境への配慮からますます普及が期待されています。

 

【大阪】おすすめの太陽光発電の販売・施工業者

商品画像
商品名とくとくショップエコ発電本舗太陽光発電
最安値発掘隊
エコ突撃隊エコの輪
特徴オールメーカー取り扱いで、豊富な実績をもとに家庭ごとに最適なプランを提案構内メーカーの仕入れに力を入れており、実店舗を持たないことで低コストを実現商品を大量に仕入れることでコストを大幅に削減、最安値で提供豊富な実績と経験から満足のいく施工を実施売電に特化した土地付き太陽光発電の提案が可能
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
太陽光発電のコラム