【大阪】おすすめの太陽光発電販売・施工業者ランキング!実績豊富・サービス対応も評判の業者を比較!

太陽光発電はどこでも設置できる?効率よく発電できるポイントとは

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/06/21


太陽光発電の機能を最大限に引き出すために重要なことは設置場所といえるでしょう。ソーラーパネルは屋根の上に設置するのが一般的ですが、家の構造や周囲の環境など、正しい設置条件を抑えることで効率のよい発電が可能となります。今回は、ソーラーパネルを設置する際に必要となる、重要な予備知識について解説するため、参考にしてください。

屋根にソーラーパネルを設置するのが一般的

家庭用・産業用を問わず、ソーラーパネルは屋根の上に設置するのが一般的とされています。建物の最も高い位置に設置することで、充分な光量を確保し効率のよい発電ができるためです。光が遮られない屋根の上に設置することが必要ですが、場合によっては実現が難しいケースもあります。たとえば、周囲に高い建物があり陰になってしまう、屋根が北向きであり太陽が当たらないなどが考えられそうです。

また、屋根が軽量化のために金属でできていたり、二重構造に改築されていたりするとソーラーパネルの荷重に耐えられず、設置が難しいこともあります。したがってソーラーパネルを設置する際は、周囲環境や屋根の構造、素材をあらかじめ調べることを念頭に置いておきましょう。どうしても屋根への設置が難しい場合は、カーポートや倉庫屋根の設置も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

このような場所に設置するメリットは、地震の際に落下を心配する必要がないことにあります。より安全性を考慮し、デッドスペースになりがちな場所を有効活用したい人にはおすすめです。また、外壁への取り付けを請け負ってくれる業者もいます。外壁のソーラーパネルは、太陽の照射角度が低くなる冬の時期に、効率よく発電してくれるものです。屋根に設置する際のデメリットを補ってくれる取り付け方といえるでしょう。このように建物の造りに応じて適切な選択肢を取ることで、発電の効率化を目指すとよさそうです。

設置する場所を決めるポイント

ソーラーパネルに充分な光量を集めるために重要なのが日照時間です。日照時間とは、ソーラーパネルに日光が当たっている時間の長さを指します。日照時間が長ければ長いほど、発電量が大きくなるのです。ソーラーパネルの適当な日照時間は、一般的に6~8時間といわれています。これだけの時間を確保するためには、設置場所が重要です。

その際に、次の2つのポイントは抑えておく必要があるでしょう。

1つ目は周囲環境です。ソーラーパネルを設置する際に周りに高い建物がなく、充分に日光を確保できるかを確認する必要があります。また、太陽光の障害物になり得るのは木々も同じです。周りに高い障害物がないかをあらかじめ確認しましょう。

次にソーラーパネルの向きは、南向きで取り付けることが重要です。可能な限り真南向きに取り付けることが、日照時間を長くするポイントといえます。また、季節によって太陽の照射角度は大きく変化するものです。夏季に当たっていた日光が冬季に角度が変わり、日が当たらないということも起こり得るので、年単位の照射角度へも注目しておきましょう。これら2点を網羅することで、日光に当たる時間を可能な限り長くし、発電機能を充分に果たしてくれます。

ソーラーパネルを設置するために必要な広さ

ソーラーパネルを設置するときは、どのくらいの広さが必要になるのでしょうか。家庭用と産業用の太陽光発電、それぞれのケースで解説しましょう。まずは住宅用のソーラーパネルですが、一般的には3〜5kw程度の規模で設置されます。これは面積でいうと18〜30平方メートル前後の計算です。自宅の屋根に、どの程度の面積があるかをまずは把握しておきましょう。充分な広さがあっても、屋根の角度によっては取り付けが困難な場合もあります。

最大面積と角度を考慮して、実際に設置できる面積を算出しなければなりません。メーカーによっては設置に必要な最小面積が異なる、年々太陽光発電設備の小型化が進んでいることもあります。屋根にスペースがないと考えていても、設置可能な太陽光発電がないか調べてみてください。

産業用のソーラーパネルの場合は、10kw以上であることが条件になります。面積でいうと、60平方メートル以上の屋根もしくは土地を用意しなければなりません。産業用の場合屋根への取り付けが難しい場合は、遊休地の活用もひとつの手段として考えられます。遊休地はソーラーパネルを設置するのに充分な広さや、周りの障害物が少ないなどの必要条件が整っていることが多いようです。規模の大きい太陽光発電を利用する場合、こういった土地活用を視野に入れるのも選択肢のひとつといえます。

 

今回は、効率的に発電するためのソーラーパネルの設置場所について解説しました。一般的な住居でソーラーパネルを設置する際は、土地の広さが限られている場合が多く、必然的に屋根の上に設置を検討することになるでしょう。しかしその前に、必要な面積があるかはもちろん、屋根の素材や構造などの設置条件がそろっているかを準備段階で確認しておくことが、失敗しないための重要なステップです。

【大阪】太陽光発電販売・施工業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくショップエコ発電本舗太陽光発電
最安値発掘隊
エコ突撃隊エコの輪
特徴オールメーカー取り扱いで、豊富な実績をもとに家庭ごとに最適なプランを提案構内メーカーの仕入れに力を入れており、実店舗を持たないことで低コストを実現商品を大量に仕入れることでコストを大幅に削減、最安値で提供豊富な実績と経験から満足のいく施工を実施売電に特化した土地付き太陽光発電の提案が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧