【大阪】おすすめの太陽光発電販売・施工業者ランキング!実績豊富・サービス対応も評判の業者を比較!

太陽光発電が劣化する原因とは?長く使っていくために予防策を知ろう!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/02/02


太陽光発電システムを導入すれば、永久に発電をしてくれると思っていませんか。しかしシステムには耐用年数が存在します。せっかく高い費用をかけて設置した太陽光発電システムですから、できるだけ長く利用したいですよね。そこで今回は、太陽光発電が劣化する原因と、長く利用するための予防策を知っておきましょう。

太陽光発電の一般的な耐用年数

太陽光発電システムの一般的な耐用年数は、約17年となっています。この17年という根拠は、国税庁の分類による、太陽光発電の法定耐用年数によるものです。国税庁からの情報なので、税金絡みとなり、法人や個人事業主が太陽光発電設備を導入した場合、減価償却は17年という年数を目安に計算されています。

実用的な耐用年数は20年以上

太陽光発電システムを17年で減価償却することで、国税庁が耐用年数は17年として算出していますが、実際には20年以上の耐用年数となっています。メーカーや発電容量にもよりますが、20年~30年が実際の耐用年数の目安といってよいでしょう。

パワーコンディショナーの耐用年数は家電並みの15年

太陽光発電システムに欠かせないのが、パワーコンディショナーです。この機械は、ソラーパネルで発電した直流電流を、家庭で利用する交流電流に交換する機械です。このパワーコンディショナーが故障すると、せっかく発電した電力を使うことができなくなります。このパワーコンディショナーの耐用年数は、家電並みの約15年といわれています。

太陽光発電の劣化原因として考えられること

実際の耐用年数が20年~30年あったとしても、年数と共に劣化していくのは否めません。ここでは、太陽光発電システムの劣化の原因について解説します。

太陽光パネルの劣化は自然環境に左右される

先ずは太陽光パネルの劣化についてですが、自然環境に左右されます。街中と沿岸部では、沿岸部の方が劣化は早く進む傾向にあります。その原因は潮風です。沿岸部では、塩分を含んだ潮風によって太陽光パネル自体や、架台などの劣化が早く進んでしまいます。逆に街中では、鳥のフン害が多く見られるケースもあります。

ハトやむく鳥などが群れを成して、市街地の街路樹にとりついて、歩道や車道へフン害をもたらせています。その近くの住宅の太陽光パネルにも、同様のフン害が発生するケースも見られます。このように、太陽光パネルの劣化は、設置した場所の自然環境によって左右されるのです。

特別な要因がなくても劣化は進んでいく

先のような、塩害やフン害など特別な要因がなくても、太陽光パネルの劣化は進んでいきます。太陽光パネルは風雨にさらされて、常に太陽光を浴びています。当然ですが、いつまでも新品同様とはいきません。

・パネル材料の経年劣化
・パネルの損傷や故障
・パネルが陰に入ってしまうことによる発電素子の損傷

これらによって、太陽光パネルの劣化は進んでいきます。

太陽光発電の劣化を防ぐためには?

ではここで、太陽光発電の劣化を防いで、少しでも長く利用するための方法を解説しましょう。

定期的なメンテナンスを行う

太陽光発電システムは、定期的なメンテナンスを行うことで劣化を遅らせることができます。たとえば、太陽光パネルの清掃です。塩害やフン害があったとしても、定期的に清掃することで劣化を遅らせることができます。特別な害がなくても、太陽光パネルに汚れがこびり付くことはあります。その汚れを取り去ることで、発電量はアップしますし劣化の進行を遅らせることにつながります。

定期的にとは、4年に1回がベストな期間となります。短い分には問題はありません。もちろん、メンテナンスを行うのは専門業者に依頼しなければダメです。「太陽光パネル掃除ぐらい」と考えて、自分で屋根に登って掃除するのはNGです。命の危険もありますし、専門的な知識がないと逆に壊してしまうかも知れませんよ。

太陽光発電システムの設置は優良な業者に依頼する

太陽光発電システムを取り扱う業者の中には、残念ながら消費者センターに苦情を寄せるほどの、悪徳な業者が存在するのも確かです。このような業者では、定期的なメンテナンスはもちろん、保証期間中に故障しても修理もしてもらえません。

とくに、飛び込みで営業をしてくる業者では即決はNGです。太陽光発電システムを設置する際は、複数の実績のある優良な業者から見積をとって、いろいろと相談して納得した上で設置しましょう。そうすれば、定期的なメンテナンスを行うことができて、太陽光発電の劣化を防いで長持ちさせることが可能となります。

発電量は定期的にチェックしておく

太陽光発電システムを導入すると、発電量がわかるモニターが付属しているはずです。数字で比較しなくても、グラフで表示してくれるので直感的に発電量をチェックできます。晴れているのに明らかに発電量が下がっている場合などは、点検を依頼した方がよいでしょう。定期的なメンテナンスに加えて、自分でも発電量をチェックすることで適切なメンテナンスを行うことができ、太陽光発電の劣化を防ぐことにつながります。

 

太陽光発電の劣化は、ある程度仕方のないことです。世の中のどんな製品も、使い始めた時点から経年劣化は始まっています。しかし、ほったらかしにしておくのではなく、適切なメンテナンスを行っていれば、劣化を防いで長持ちさせることは可能です。太陽光発電の定期メンテナンスは4年に1回がベストです。

その際には、必ずプロの専門業者に依頼しましょう。そして、太陽光発電システムを設置する際には、優良な専門業者を選ぶようにすれば、メンテナンスも安心できます。つまり、太陽光発電の劣化を防いで長持ちさせるには、優良な業者を選ぶことが重要となるのです。

【大阪】太陽光発電販売・施工業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくショップエコ発電本舗太陽光発電
最安値発掘隊
エコ突撃隊エコの輪
特徴オールメーカー取り扱いで、豊富な実績をもとに家庭ごとに最適なプランを提案構内メーカーの仕入れに力を入れており、実店舗を持たないことで低コストを実現商品を大量に仕入れることでコストを大幅に削減、最安値で提供豊富な実績と経験から満足のいく施工を実施売電に特化した土地付き太陽光発電の提案が可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧