【大阪】おすすめの太陽光発電販売・施工業者ランキング!実績豊富・サービス対応も評判の業者を比較!

太陽光発電の設置は「新築時」と「後付け」どちらがおすすめ?

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/05/13


これから家を新築しようと考えている方のなかには、太陽光発電の設置を検討している方もおられるのではないでしょうか。太陽光発電を設置することを考えたときに、新築時に導入するか後付けで導入するか悩みどころになります。それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

新築時に太陽光発電を設置するメリット・デメリット

ここでは新築時に太陽光発電を導入するメリット・デメリットについて解説していきます。メリットしては、新築時に太陽光発電を導入することで、住宅ローンに含めることができ、後付けの太陽光発電のローンよりも低金利で組むことができます。新築時に導入を検討する場合、効率のいい設計を考えることができます。家の設計の段階から、屋根の勾配や材質、ソーラーパネルの種類などの選択肢が増えることにより、外観や機能を理想通りにすることができます。

太陽光発電を後付けする場合、新築時の設置には必要のなかった作業が増えることになり余分に施工費用がかさむ場合があります。新築時に導入することで新築工事と同時に太陽光発電の設置工事も進めることで経費を抑えることができます。

一方、デメリットとして、新築時に太陽光発電を導入するデメリットは、家の設計プランを立てるために労力がかかってしまうことです。太陽光発電に適した屋根や発電効率を考慮した設計をする必要があり、通常の設計プランを立てるよりも手間がかかってしまいます。

しっかりと細かいところまで検討する時間がない場合は出来上がった家や太陽光発電に不満が出てくる可能性もあります。また新築時に導入する場合、住宅の建築と太陽光発電導入のどちらも得意なメーカーに依頼するのが理想的です。どちらかが不得意であった場合、工事が計画通りにいかなかったり、結果的に後付けで設置するよりも費用が掛かってしまうこともあります。

太陽光発電を後付けするメリット・デメリット

ここでは後付けで太陽光発電を設置するメリット・デメリットについて解説していきます。メリットとして、太陽光発電を後付けで導入することで、固定資産税が軽減されることは大きなメリットといえます。これは新築時にパネルと屋根が一体型になったものを選択した場合は、家の一部とみなされ固定資産税がかかるためです。

また新築時に導入するには、家の設計と同時進行で行なわないといけませんが、後付けの場合はメーカーを急いで決める必要がないため、複数のメーカーをしっかりと比較しながら選定することができます。太陽光発電を後付けで導入する工事を屋根のリフォームをと同時に行なうことができるのも大きなメリットです。同時に行なうことで、設計の選択肢を増やしたり、効率のいいシステムを作ることができます。

一方、デメリットとしては、後付けすることで新築時には必要のなかった強度を上げるなどの工事が増えてしまい、経費が掛かってしまいます。同じく経費の面では、太陽光発電のローンは住宅ローンに比べて金利が高くなるデメリットがあります。また太陽光発電を設置することを考慮していない屋根が多く、設置に不向きなことがあります。場合によっては屋根の負担を考慮して、強度をあげるための工事が必要になってきます。

太陽光発電の設置基準を考えよう

太陽光発電を導入する際に、もう一つ検討しないといけないことがあります。それは、太陽光発電の設置基準です。これは、太陽光発電を販売している各メーカーには、それぞれ設置する基準を設けており、自分の家の屋根がそれを満たしているか確認しないといけません。ここでは、どのような基準があるのか解説していきます。

主な基準

1つ目の基準は「日射角度」です。太陽光発電は、太陽の光がパネルにあたることによって電気を生み出します。太陽の光が当たれば当たるほど発電量は増えていきます。屋根にこのパネルをどのような角度で設置するかで発電量も変化することにあります。最も効率のいい角度は「30度」の角度と言われています。

2つ目は「日照時間」です。パネルに太陽の光が当たる時間が長ければ長いほど発電する時間が長くなるのでこちらも「日照角度」と同様に重要な要素になってきます。最も発電量の多い「南向き」を100とすると「東向き」や「西向き」は2割ほど発電量が少なくなってしまいます。

3つ目は「積雪量」です。国土交通大臣が定めた「垂直積雪量」というものがあり、各メーカーで「垂直積雪量」の基準がかなり違っています。特に積雪の多い地域にお住まいの方は確認するといいでしょう。

 

太陽光発電について、新築時に導入するメリットは、家のローンに含むことができる、ある程度自由に設計ができることなどです。デメリットは電力の効率を考えながら設計しないといけない、ことや、メーカーの選定が大変などのポイントがあります。後付けで導入するメリットは、固定資産税が軽減される、各メーカーをしっかり比較しながら選ぶことができるなどがあります。デメリットとしては、新築時よりも経費がかかる、設置に不向きな屋根があるという点です。

【大阪】太陽光発電販売・施工業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名とくとくショップエコ発電本舗太陽光発電
最安値発掘隊
エコ突撃隊エコの輪
特徴オールメーカー取り扱いで、豊富な実績をもとに家庭ごとに最適なプランを提案構内メーカーの仕入れに力を入れており、実店舗を持たないことで低コストを実現商品を大量に仕入れることでコストを大幅に削減、最安値で提供豊富な実績と経験から満足のいく施工を実施売電に特化した土地付き太陽光発電の提案が可能
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧